忍者ブログ

すべてを転々と

いつもだった

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

いつもだった

深冬、朝、ベランダに立って、江原道の東邦(ドンバン)だった。この時期には、まだ日も戻ろうと、東方呈色の浅黒い、头がくらくらして空一枚黄色、油絵の暖色调嬉しかった。远くに、三两只したのに続き、カッコウしなければならない,地中に……春の足どりはますます近くならせました。窓の外の、風のない、すべてはそんな空中少爺に静かですが良いが朝と送った。

時は流れて、またたく间また新しい一年だった。新年元日、朝早く、友人が宛て资讯:新年早々、守りはそのまま残っている。読んで、心は瞬间が柔軟で、彼女のためにされた同ほのかな約束だったが、感動を与えた。私たちは淡々としていた女が、普段はあまり交流もあった。しかし、私は知っていて、彼女は。膝を伐採シンボHKUE 呃人ルマーク友情の草の根、栽培に私の庭だった。

冬の奥に座ってを见て、窓の外の日差しを見ると、思わず懐かしみ、千里を除いたばかりだった。思い出して、1年が、私たちは一绪に过ごすため、眩しい太陽の午後の時間を過ごした。覚えていて、その年に、9月、大病を産んでほしい良人特(△)在宅介護されませんでした。ある日、私は良人に無理やりに出てきて、扶安郡(私を连れて来願景村 洗腦るから野菜の川辺で、彼を见からピーナッツ。入りこんだ。われわれは、工场の中で、工场に住んでいるに多くの空き地に、おばあさんが咲きされ、一部で、コースも種ピーナッツ。良人、野菜の木の下で、放火した藤椅子にして、私を安置藤パイプ椅子にし、細心な探して薄い毛布を私に蓋をしております。

私が木の下に静かに乗ってどこを见て、良人を手に取っていたシャベルを掘ってピーナッツ。妹だが、(私の小名)ほら、この本のピーナッツ決済した。妹。ほら、この本のピーナッツ、色んなスンドゥブ、実が无いのは良くて、残念な気がする。妹、伐採ピーナッツで小さな雄鶏(故郷では一つの殻三果のピーナッツ、小さなニワトリのプレゼントが一番美しい、かわいい妹だ……穴を掘ってピーナッツをしながら、良人をしながらない瞬间の私と小言をして、私が知っているなら、それは私を笑わせうれしかったです。その午后、カンカン著/ ~~柔和いて、あの暖かさの画面をいつまでも記憶しようとした頭の中では、ピカッめくって、常に温かい。その後からだ。そして私たち生活のためにあくせくし、極めて機会が与えられた文章を書いてを楽しんでいたみたいに悠々と楽しいひと時を過ごした。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R