忍者ブログ

すべてを転々と

ぬかるずきま

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ぬかるずきま

二年前、第1回拝见いたします张承志の「北方の川」の文集、私(わたし)をなくしたも大きかった。ロータから借りた金も、借しても、張さんの草原のコン願景 プレックスはゆっくりとシルク理になりながらも、自分の固有な先入観とモデルを一遍遍浸食と洗礼を受けた。

いつもはと評価されている中国の一番とかかわりのある人で、张承志界で多くの人から見ると一部きわまりない。一方、张承志ならではの「理想主義的な気质」スタイルカルーセルであり、多くの人がそのようになり、さらにはぬかずきます。私が 願景以前にも书きを評価洪晃作品の麽はスクリーンを考えなければならず、麽は爆笑を誘う。しかし、これまで私が見た張の作品の中であるが、それは 前者だ。彼と期待していた彼の読者は「青春の意味を探ってみることの若者」だった。

王安忆思い出张承志、傷文学が終わったあと、ルーツ探し始めたのだ。私は前に書いためちゃくちゃなものを読んで张承志めくられ、当初の作品の日記だ。数行だけは少し上のものは大変张承志の作家が、彼の小説は力を見せ、大気の淋しさに、でありながらも、聞いて出し抜けに満ち、と渡したあなた透心のような感じだった。光栄だから、彼の作品だ。

「スタイルカルーセル如鉄」、张承志の作品の一貫したスタイルだった。ハン张大合環境のクッションに、ゴビ砂漠荒れ地となり、その本人に鉄骨で透著人のやさしいです。主人公の描写も独特だ。彼の作品は、読むように生活の中のある人は、一箇所に景と氏の1段の気持ちを込めて、生きながら、行間に含まれていた。でも、私の願景ようにかく愚か者、いいことは楽しめそうだが、かかる时间をもむ、噛む腐ったからまた始め直す主力また来てください。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R